FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 健康

口腔ケア   2020.06.23

病気にならないためには日頃の口腔ケアが大切、と数年前に聞た。それまでは歯が痛くなったら早めに歯科医に行くのが一番、くらいに思っていた。このところ感染症の本を続けて3冊読んでみたが、ここにも感染症予防には口腔ケアが何より大切とある。体の入り口である口腔の粘膜には粘膜免疫があり感染防御に有効とある。口腔ケアには日ごろの歯磨きが大切だが一番は定期的にプロの歯科衛生士によるクリーニングとスケーリングがなにより効果的、とわかってからは4ケ月に一回歯科医に通っている。コロナ感染拡大以降、歯科医院によっては口腔ケアの患者は断っているところもあると聞く。定期的に通う近くの歯科医院では玄関入口と診察治療室のドアと窓を開けて換気に配慮している。いつも指名の歯科衛生士に30分ほどケアをしてもらった後「ありがとう、今一番気を付けていることは?」と聞いてみた。「消毒です」、との答えが返ってきた。歯科衛生士は感染が気になる職業と思うが、マスク、フェイスシールドを着けて消毒をきちんとすれば危険性は排除できる、と納得して仕事に向っているようで、安心して10月に予約を入れてきた。
DSC_1477_1.jpg

フェイスシールド   2020.05.23

娘からフェイスシールドが届いた。山下塾、幼稚園、小学校の囲碁指導の時に使えと言うことのようだ。クリアフィルでの作り方はいくつもネットに紹介されている。商品として出ているのは数百円から1万円近くするものもある。接客業ではつけている人も見かけるので違和感はないが、さて自分が付けるとなると気恥ずかしい。しかし今や教える側の必需品で安心感を与えるのは間違いない。さて幼稚園児はどんな反応を示すか、面白がってくれればしめたものである。

フェイスシールド

福沢諭吉センセイ   2020.05.20

慶應義塾メールマガジンNO.210が届く。新型コロナウイルスに関連して支援NO奨学金最大年額40万円とある。ちょっと紹介欄には福沢諭吉の健康法が載っている。居合、米搗き、散歩とある。散歩は寒暑風雨を問わず毎朝1里半をが売生を引き連れて毎朝続けられていた。外出自粛になってからの我が家の健康法はマンション外階段300段を一日2回から4回上り下りする。多分散歩1時間余程に匹敵する運動量であろう。メールが届いた丁度今日NHK歴史秘話ヒストリアは「福沢諭吉センセイのすすめ」である。解説は都倉武之準教授である。諭吉研究の第一人者で穏やかな語り口で脱亜論の新解釈を述べているが説得力がある。「よかった」、と葉書を出そうと思う。1881年2人、1883年に60人の朝鮮人留学生を慶應義塾で受け入れ、朝鮮発展を願っていたという紹介もあった。この留学生こそ延世大学生である。今春の交流はコロナ流行で流れたが、次回の慶應義塾、延世大学囲碁交流の場で紹介したいことである。
番組で紹介された留学生を案内した三田演説館
三田演説館

階段上り下り   2020.04.24

自宅に自粛していないと辛抱が足りないと白い目で見られそうである。一方1週間動かないと何か月分の筋力が落ちると言われる。自宅で運動するにも、エアロバイクはじきに飽きてしまい連日は続かない。住まいは20階建ての18階である。これを利用しない手はない。日身さんと1階から20回まで日に2回上り下りしてひと月になる。はじめの2、3日は筋肉痛があったがそれも今はない。筋力がついた実感がある。日本人75歳以上の4分の1は介護の世話になっているらしい。コロナ騒動がなければ20階の階段上り下りなど決してしなかった。コロナ効果である。
DSC_0104_20200428223626917.jpg

鷺と亀   2020.04.15

非常事態宣言以来習慣になったのは日身さんとサイクリングかウオーキングすることと20階の外階段の上り下りである。サイクリングは風が強いと危ないのでウオーキングが主となっている。歩数は数えていないが1時間から2時間は歩く。駅から自宅までの道には詳しいが、存外自宅から海側周辺は疎いもので毎回新しい発見がある。歩いてすぐのところに海に続く細い運河のようなところがある。沿道は今どき珍しく舗装されていない土の道で人通りは少ない。今日歩いてみると鷺が一羽餌をついばんでいる。人通りがないせいでゴミの捨て場にもなっている。掃き溜めに鶴といった感じで驚いた。鶴なら亀もいるかと目を凝らすと集団で甲羅干しをしている。ハクビシン一家が巣を作っていると聞いて敬遠していたが毎日の散歩道に昇格させた。

鶴と亀ではなく鷺と亀
鷺と亀
«前のページ  | HOME |  次のページ»