FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > サイクリング

ロードバイク   2014.08.20

サイクリングが好きで自転車は何台も買い換えてきた。マンションの駐輪場には2台しか置けない。街乗り1台とサイクリング用にロードバイクを使っている。ロードバイクは当然ドロップハンドルである。危ないからもうやめて、と家人が懇願する。自転車店でフラットハンドルに変えて貰おうと見積もってもらったら、2万円かかると言われた。愛着があるが、そんなに掛かるのなら少し足せばタウンサイクルが買えるので手放すことにした。アメリカ製で7年前に気に入って購入した車で、まだ十分乗れるのに廃車にするのは忍びない。思いついてロード車に乗れそうな山下塾生と塾生OB何人かに引き取り手を募集した。誰か名のり出てくれたら嬉しいのだが…。街乗りは折りたたみなので、こちらは廃車にして新しくミニベロでサイクリング生活を楽しむつもりである。
いつも走っているサイクリングロード
サイクリング

防犯登録   2012.01.08

自転車はもっぱらネットで買っていた。カメラ、電機製品等は量販店で実物を観てから注文するので安く買っている感じがある。自転車は到着して初めて実物を見るので失敗したと思うことがあった。直近では4台買ったうち気に入ったのはスポーツ車の1台だけである。街乗りに使っている自転車が危ないということで、子どもたちが誕生日のプレゼントを自転車にしてくれた。今回は近くの自転車専門店での購入にした。ネットでの購入は本体が来て自分で組み立て、調整して乗っていたので防犯登録が義務であることを初めて知った。乗っていた自転車をリサイクル店に持って行ったら、警察の厳しい指導で防犯登録がない自転車は買い取れないとのことである。防犯登録が自転車盗難にどれくらい予防になるか分からないが盗難件数は多いようだ。現に2年前一週間で2台盗まれたことがある。ちょっと目立つデザインではあったが、どちらも敷地内の正規の駐輪場に置いていてのことである。今回のミニベロは子どもたちからのプレゼントだから、鍵を二つにして一つを固定物にチェーンキーをつけることで盗難を防ぐとしよう。
P7300025.jpg

海岸通り   2011.08.08

小学生のけんちゃんとサイクリングに行くことになった。何故だかよくわからない。話の具合で約束してしまっていた。けんちゃんは初めてのサイクリングなので海岸通りの2時間余のコースにし、ポタリングのペースで走った。コースは自動車と並走しない道なので自転車を走らすうえの気遣いはしなくてもよい。ただこの暑さで熱中症になったらと思うのでペースと水分補給には気を遣った。適切なペースを測るには心拍数である。これが90から100台なら無理のない走りである。よその子なので手を取って脈拍を測るわけにはいかない。走り終わってみれば短い距離なのに足の筋肉が張っている。暑さゆえか、久しぶりゆえか、気遣いゆえかは分からない。緊張して走ったけんちゃんの心に何か残ったかもわからない。
幕張の海水浴場
CIMG2671.jpg

腰痛1   2011.04.05

 久しぶりの晴天に誘われサイクリングに出た。桜の咲き具合と習志野市から幕張メッセ方面の液状化被害の様子を見るのを兼ねて千葉までの海岸沿いのコースにした。先ず習志野市の海浜霊園が立ち入り禁止で工事中である。次いでマリンスタジアムがクレーン車2台で修復工事中、稲毛海浜公園、花の美術館、千葉処理場まで行ったが海岸は立ち入り禁止で職員が制止している。そうなると見たいもので海岸に出てみたら工事が進んで居る。釣客こそいないが市民は憩いの海を楽しんでいる。生活道路ではないが市民の憩いの道がかなりの部分修復されていて千葉市の取り組みに敬服した。
 あと30分で帰りつくというところで、前輪の空気が抜けてきた。空気を入れていたらグキッと来て次の瞬間腰が立たない。車はひっきりなしに通るが、かんじんのタクシーが通らない。やむなく効かない腰でタイヤに目いっぱい空気を入れ500メートルほど走ってはまた空気を入れ500メートル走る、といった塩梅で、何回繰り返したら家に着くのか甚だ心もとなくなった時、いつも利用しているホームセンターが少し先にあることに気が付いた。そこまで行けば自転車店があるはずである。運よくスペアのタイヤを携帯していたので簡単な修理で済み、ほうほうのていで家に辿り着いた。
 出発前家人が、道がデコボコになっているらしいので危ないからやめたほうがいい、と言うのを大丈夫、大丈夫、と振り切って出てきた。
 山の神のお告げは聴くものである。
P4050008.jpg

海水浴場   2010.09.02

ぽっかり一日空いたので久々サイクリングに出かけた。いつもの東京湾の海岸コースである。
歩行者と自転車専用道路なので信号が少なく走りやすい。
心拍数90~100くらいのペースで走る。二ヶ所直線の長い所は心拍数120くらいで走る。
ウィークデイでこの暑さゆえサイクリストには3人しか会わなかった。
帰りは写真を撮りながらのポタリングである。
稲毛海岸は海水浴場になっているのか。
波打ち際から少し先に遊泳内を示すブイが張られている。
海岸にはカラダを焼いている人が何人かいる。
砂浜は山砂を運んだのか裸足では歩きにくく砂が粗い。
思いのほか海水は澄んでいる。
家から一番近い海水浴場発見である。
海岸