プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁

海神南小学校   2017.11.09

今春、千葉県少年少女囲碁大会の会場で参加している子供と話していたら、母親が小学校の先生、と言っていた。お母さんに何処の小学校なのか聞いたら船橋市ということであった。船橋市の小学校には何校か指導に行っているので、校長先生に囲碁指導に来る人がいると話してみたら、と言っておいた。当の海神南小学校には将棋・囲碁・オセロクラブがある。話がトントン拍子に進み、囲碁入門指導をすることになった。指導の前に校長先生と話す機会を得た。ご自分のこれまでのことをフランクに話してくれた。教育現場に初めて入るには壁を感じることがままある。この校長先生ゆえに話がスムーズに運んだのだ、と納得した。学校にはなぜか碁石が何組もあった。クラブ員21名は初めての囲碁に興味を持ったので、今後この碁石は活用されるであろう。
今朝の雪をかぶった富士山 
IMG_8824.jpg

公開対局   2017.11.08

船橋幼稚園では今回から本式ルールで囲碁指導をすることにした。3クラス全員がすぐに打てるわけではないが、卒園時には本式ルールで打てるようになるためには丁度今が頃あいである。たまたま梅組には山下塾生のヨウタ君となのはちゃん二人がいる。事前に伝えていなかったが前に出てもらい、二人で打たせた。二人にとって初めての公開対局である。なのは君は今月山下塾に入ったばかりである。どうなることかと思って観ていたら、二人とも時々妙手を放つ面白い展開である。ほかの二クラスでも打てていると感じる園児が何組かいる。松組ではサポート役の倉持さんが、びっくりする終局面があった。ヒロチカ君とリホちゃんの二人の園児の保護者に報告するよう、先生にお願いした。
IMG_0787.jpg

プロ棋士   2017.10.31

大学の後輩I君が関西棋院からプロ棋士としてデビューすることになった、と連絡があった。日本棋院の女流枠で惜しくも入段を逸し、今年一般枠で採用試験に挑戦したが予選落ちしていた。今年女流枠で再挑戦か、と思っていたら彼女なりの理由があったのであろう、関西棋院を選んだようだ。今春慶應義塾大学と韓国延世大学との交流試合で打ちっぷりを見ているので、実力は十分あるのは分かっている。局後の感想戦を観ていたが、感想戦に強いのでプロ向きだとは思っていた。最近関西棋院の若手にいいのが出てきているので研究仲間には事欠かないだろう。関西棋院からでも勝ち上がっていけばタイトル獲得も可能である。これからの努力次第で数年で女流タイトル戦での活躍が期待できる。
IMG_0774.jpg

日吉祭   2017.10.30

28日29日開催の慶應義塾高等学校の日吉祭は、バラエテイーに富みオーケストラ演奏、英語劇、ギターアンサンブル、本校舎全館を使って各クラス有志、体育会、文化会がいろいろな企画を立ている。同時に学校説明会も開かれている。そのほか協生館を使ったイベントもあり楽しそうだ。あいにくの大雨だが校舎内は大勢の人で埋まっている。二日間でおおよそ一万人以上の来場者となるらしい。派手な催しの多いなかで、たった二人しかいない囲碁部員が「Let’GO」を企画した。この中で入門講座をやって、と二人から頼まれた。二人だけで挑むという意気やよし、と感じて引き受けた。加えて小さい子でも囲碁が打てるところを見てもらうために塾生のケンタ君に来てもらった。ケンタ君の父親は塾高OBである。二人の囲碁部員の一人は廊下に出て参加者を勧誘し、もう一人は来室者の対応をしている。部屋に入った人にはiPadを渡してアンケートに記入してもらう。二日間で200人を超す入場者と聞いた。木村君、東出君二人にとっては面白い経験だったと思う。加えて二人は何かの力を得たと思う。塾高には、たまに指導碁を打ちに行っているだけだが、今日の二人を観てまさに「男子三日会わざれば刮目して見よ」、である。
日吉祭

イオンモール囲碁イベント   2017.10.28

イオンモール幕張新都心は郊外型イオンモールの旗艦店に位置つけられている。ここで千葉県少年少女囲碁連盟が囲碁イベントを企画運営した。幹事役は連盟委員の上村さんで、イオンの社員でもある。このモールには「大人」「ファミリー」「ペット:「スポーツ・家電」があり、やたら広い。車で15分くらいだが初めて訪れた。車の流れに乗って入った駐車場は丁度囲碁イベントの近くであった。
ファミリー向けのイベントなので小さい子が多い。お誘いしていた熊谷千葉市長が一家で会場に来てくれた。お子さん二人とは久しぶりの対局である、時々ご家庭で囲碁を打っているようで、思っていたより囲碁の理解が進んでいる。来場者には就学前の子供が多くいて、4歳くらいの子どもから囲碁を教えるのは丁度いいようである。
IMG_0022.jpg