FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 未分類

大病院   2020.04.21

全く縁のなかった喘息なる病を得てから2か月に一回経過診察を受けている。処方された薬を自己判断でもう治ったとしやめていたらしっぺがえしのように発作が起こる。発作が起こるたびにたやすく抜けられない。病院に行くのは新型コロナウイルスが怖いので今回電話診察で切り抜けようと思ったが、年に一回のレントゲン検査の予約も入っているからそうもいかないらしい。八千代医療センターは今入り口で全員体温を測るようになっている。かかりつけの呼吸器の先生から、今は大きな病院はどこでも新型コロナの患者を受け入れていて、当然ここも例外でなく東京都に近い病院ほど厳しい状況だとうかがった。診察中も救急患者の様子が電話に入り症状を聴いている。まさに大病院では臨戦体制という感じを強く受けた。

DSC_0084_20200422175228b0e.jpg

市民親善大会   2020.04.20

船橋市鎌ケ谷市市民親善囲碁大会は今年7月に第6回を迎える。これまで両市を相互訪問して開催していたが、鎌ヶ谷市の好意で会場は鎌ケ谷市総合保健センターに決めた。船橋市では150名の参加者の会場を予約する手続きが困難なこと、一方鎌ケ谷市側では会場を保健センターにすると参加者を募集しやすいという互いの事情があってうまく決まったわけである。ところが新型コロナウイルスの影響で鎌ケ谷市の公共施設は5月末日まで休館延長の情報があり7月開催について不安を感じていた。鎌ケ谷市囲碁協会笠原会長と電話で話しあった結果、7月で状況が改善される見通しは暗く、不安を感じながらの大会は中止にすることに決めた。定例的に行っている行事をいったん止めると再開するには新たに始めると同じようなエネルギーがいるが、このイベントに限っては心配はない。来年は明るい気持ちで両市民の交流を楽しみとしよう。

DSC_0022_202004221750213ea.jpg

手応え   2020.04.18

ネット山下塾は学校が休校の間毎日午前中開いている。いちばん生徒が集まるのは土曜日である。システム上一つの教室の定員は10名なのだが主宰者に頼み30名まで認めてもらっている。ただし一クラスは10名なので10名を超えるとAクラス・Bクラスと画面を切り替えなければいけない。二クラスになると指導碁は打てなくなる。その分塾生同士の碁のチェックはできる。部分だけでなく大局的に碁盤を見る、または石の競り合った時にじっくり読みを入れる等々塾生によって伝えたいことが異なる。対局中または終局後にコメントを入れるのだが、時にはラインの電話で塾生を呼び出し話すこともある。週に一回のリアル山下塾より回数の多いネット山下塾の方が手応えを感じている。

散歩道

テレビ会議   2020.04.16

NPO法人囲碁文化継承の会の総会を開き千葉県環境生活部に報告する時期である。ほとんどの団体の年次総会は新型コロナウイルスの影響で開催しないで書面開催になっている。当NPO法人も5月の総会開催に向けて通知を出し出欠をもらっていいるが、緊急事態期間が延長になるかもしれない時期なので書面開催にすると決めた。念のため県庁の担当部署に問い合わせたら定款に総会の書面開催が記載されていない場合は認められないとの判断である。最低人数が集まって、あとは委任状での開催にすべしとのことである。テレビ会議はいかにと聞いたら定款記載の条件を満たせばよろしいとのことである。当NPO法人会員は若い人は少ない。テレワークをしていると思しき人は数名である。Zoomでの会議の指導から始めるとは厄介なことである。何とか半数の会員にテレビ会議を経験してもらおう。

t3.jpg

犬も歩けば   2020.04.09

犬も歩けば棒に当たる、とは出しゃばると災難にあうが本来の意味だが、どうも思いがけない幸運にあうの意味でつかう方が多いようである。コナミスポーツで親しくなった仲間に豆腐屋さんがいて、そこの厚揚げが何とも美味しかった。スーパーで買う厚揚げと違い歯ごたえがしっかりしていて味が濃厚であった。残念ながら病を得て亡くなってしまってから、あの美味に出会っていない。日身さんのトレーニングでサイクリングに付き合っていたら住まいから10分もしない近くに夫婦でやっている豆腐屋さんを見つけた。船橋駅南方面で残っているのは一軒だけだという。丁度総菜のおからを作っているところで一口味見をさせてくれた。お菓子のように甘い味付けである。厚揚げと豆腐、それにおからを買ったらオカラはおまけだという。日身さんはちりめんじゃこや牛蒡、人参、蓮、ひじき、油揚げ、干し椎茸、長葱などありあわせの具材をいっぱい入れてオカラを炊く。厚揚げは早速昼に焼いてもらってたっぷりの刻み葱とからし、牡蠣醤油で食べた。何年振りかで豆腐やさんの厚揚げと再会できた。しばらく毎日厚揚げを買いに行く予感がしている。

P3150091.jpg