FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 未分類 > 対局環境

対局環境   2020.05.24

中央公民館の囲碁サークル「碁楽教室」から6月も休会と連絡がきた。船橋市内の囲碁サークルの大半は同様となるであろう。そもそも囲碁を打つ環境は三密の典型で、よく耳にするソーシャルディスタンスを2Mもとった対局は考えられない。日本棋院では6月にオープンする時にはマスク着用、体温、対局前後のアルコール消毒、対局者間にパーテーション設置などを考えているようである。公民館の囲碁サークルではこれだけきちんとした対応は難しい。、昨日届いたフェイスシールドをつけて対局するというのは考えられるが、相手が代るたびに盤石の消毒はどうするか。海外のプロ棋士の対局では同じ部屋に来て碁盤でなくパソコンで対局している風景がある。ネット対局に対して碁盤を挟んだ対局を生碁といっていたが同じ部屋でパソコンでの対局は何と名付けたら良いのだろうか

九

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»