FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 感動

感動   2020.05.22

週刊碁の記事によると碁会所、囲碁サロンで開催している教室やレッスンが休業しているので、オンラインレッスンがある、と四つ紹介している。そのうち三つがZOOM、SKYPEを使い,残り一つが「ネット囲碁学園」を利用している。有料で最高額は」プロ棋士レッスン11000円/120分である。山下塾では2月末に学校が休校になってから月~土の午前中「ネット囲碁学園」サイトを使い「ネット山下塾」を開いている。塾生が休校の間少しでも有意義な時間を持てればいい、もっと言うと、学校で勉強できない期間、頭から汗がふき出るくらい囲碁に取り組んで脳を錆びさせないようにしてほしいとの思いもある。とはいえ、家庭の事情で午前は無理だったり、パソコンが無かったり、あっても機種によって入れなかったりで全員が参加できるわけではない。参加できる子でも週に一回、三回、毎回とそれぞれ事情が異なるので前日に参加希望をとる。棋力向上には真剣な対局が一番と思っているので局後検討より対局数を多くと思っている。毎回参加するのは3名である。たかが3カ月弱だが、されど毎日3時間の3カ月である。1月に入塾したユラは皆に追いつくのに日にちが掛かると思っていたが、一番下の子に5子で勝てるようになり、S学院のヨシトは学院の囲碁クラブで最強になった。幼稚園年長の昨秋九路盤で4回囲碁指導した直後に入塾したリクトは自分の打ちたい手を打ち囲碁を楽しんでいる。地をとるのが好きだが厚みの価値を教える時期に来たと思い、厚みは価値があると言ったら2日後には下図のように星に高くかかり一間飛んだ。勝ち負けより好きなように打っている姿を見て塾長は日々感動している。

山下塾十傑戦

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»