FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 二敗者失格型と竜星戦方式

二敗者失格型と竜星戦方式   2019.07.13

首都圏カップは各都県9名の代表による対抗戦である。県大会の結果で小中学生それぞれ上位5位までを選手として選出したが、辞退者が一名出たため山下塾と並行して補欠を2人選出する試合を開催した。大会で同率6位の小学生と中学生各二人、合計4人による選出戦である。4人で順位を決めるにはリーグ戦がよさそうだが、2勝1敗の三すくみの可能性を考えると適切ではない。入江副会長の2敗者失格型で決めることにした。はじめは抽選で組み合わせを決め、勝ち同士負け同士で対局し2連勝者は1位、2連敗者は失格、次いで1勝1敗同士で打ち勝った方を2位とする方式である。これで3回戦って2人選べることになる。次に3人で順位を決めるには日中韓竜星戦方式が良い、と土屋副会長に教わった。抽選で手空きを一人作り1回戦を打った敗者と手空きが2回戦打つ、その勝者と一回戦の勝者と二回戦を打ち順位を決める。昔、3人で賭け碁をやるときには「隠居」というやり方があった。抽選で一人勝ち上がりになった者が待っていて、二人の勝者と優勝を決めるというもので、そのやり方に慣れ親しんでいた。これに比べると竜星戦方式は籤運の欠点を補っている。世には面白いやり方があるものだ。
DSC_0539_2019071613245328c.jpg

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»