FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 医療 > 放医研

放医研   2019.06.19

五陶会のメンバーで放射線医学総合研究所の見学に行った。五陶会の会員は11名に減ったが現在、ガンに罹病している人はいない。成人の2人に1人はガンになると言われているので、その時の選択肢として重粒子治療の知識があってよかろう、と思い見学の手続きをした。17年前、ガンの治療法に手術、化学療法、放射線治療のどれを選ぶか考えているときに放医研附属病院を紹介され、重粒子線治療が自分にとって最善、と思い翌年の2月に治療の予約をした。ところが別の縁で筑波大学病院の陽子線治療が直ぐに受けられることになり、重粒子治療をキャンセルした経緯がある。見学は解説から始まり世界初の重粒子線ガン治療装置を見せてくれる。サッカー場ほどの大きな装置である。今は普及のため1/3に小型化、次世代の開発に進んでいる。当時314万円の自己負担額が現在は保険適用を受けられ患者負担が軽減された。前立腺については160万円になり本人負担は1割~3割でさらに高額療養制度も使えるようになっている。ちなみに今日、重粒子治療を受ける人は70人くらいいるらしい。見学した五陶会のメンバーは、これまで重粒子治療のことは全く知らず、「ぼーっと生きてきた」、との感想である。

放医研病院

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»