FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > オシャレ > 世界三大織物

世界三大織物   2018.09.11

ゴブラン織り、ペルシャ絨毯、大島紬を世界三大織物と言うらしい。日身さんと娘とデパートのイベントに出かけて声を掛けられた。大島紬や西陣織、久留米絣など日本の伝統織物をコートやジャケット、ワンピースなどに仕立てている店である。大島紬と言えば、日身さんの祖母の形見の大島紬を義母が着物と羽織に仕立て直してくれたので、正月三が日には必ず着て馴染んでいるし、その良さも分かっているつもりである。昨今は着物を着る人が少ないので洋服に仕立てたほうが人気があるらしい。一見して大島紬と分かるものもあるが、大島紬のイメージにはない大胆な柄もある。その中で一点物のコートが三人の目に飛び込んだ。斬新な柄だが上品、大島紬なのだが大島紬を超えているような、ミラノやパリのショーウインドウに飾っても全く遜色ないようなコート。語彙力が貧弱でこんな表現しかできないことがもどかしい。丁度デザイナーが詰めていて、娘に着せてみせてくれた。これがまるで娘が来るのを待っていたのではないか、と思うくらいよく似合う。サイズもぴったりである。これはもう買うしかないだろう。こういうのを衝動買い、と言うのかもしれないが、よい作品とデザイナーに出会った、と思っている。娘や孫の洋服選びは日身さんの特権、と思うむきがあったが 家族と共有するこんな楽しい時間のおすそ分けならいつでも歓迎である。
T_201809172231406c8.jpg

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»