FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 手紙

手紙   2018.05.16

若松幼稚園の指導は年中から始めているので今回が5回目である。シチョウを教えた盤面が園児には色々な形に見えるので面白がっている。5回目となると園児の個人差は明確になり、同じようにやっているのだがクラス単位でも理解度に差が出てくる。アタリの問題を出して分かった人、と言ってクラス中の園児を見ているとはっきり分かっている子とさっぱり分からない子が見えてくる。石取りゲームをやらせて成るべく分かっていない子のそばに行って一緒に打つことが多いが、ふと一番分かっている様子の子のところに行ってみた。T君という子だが、この子は頭抜けて分かっている。教室を出る時にT君が追いかけてきて「手紙を書いて」と頼んできた。帰りに「きみはいごがすきになるとつよくなります」と書いて先生に渡してきた。多分この子は好きになるだろう。
若松幼稚園

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»