FC2ブログ
プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 寄席 > 落語

落語   2018.04.16

船橋文化ホールで立川流談笑と、しらくの二人会の落語あった。早めに申し込み二階席の最前列で聴いた。談笑師匠の高座の後、談志さんの娘、息子と志らく師匠による「談志思い出話」があり、もう一つの幕間は漫談になった。鼎談は良かったが漫談は良くなかった。会場では受けていて笑いを取っていたが品のない芸?で残念だった。それを挽回するかのごとく志らく師匠は枕なしで本題の落語に入った。人情噺でこれは芸を感じた。落語はたった一人、手ぬぐいと扇子で一つの世界を創るから大した文化である。気色悪い気分がすっかり飛んで足取り軽く家路についた。
船橋文化ホール緞帳
DSC_0128.jpg

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»