プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 囲碁は実は難しい

囲碁は実は難しい   2018.02.11

囲碁は実は難しい、とつくづく思う。今日、山下塾に二人見学者が来た。一人は孫でもう一人は塾生の同級生である。二人とも大人の眼から見るとそこそこ打てると思える。山下塾はA、B、Cの3クラスでリーグ戦をしている。Cクラスは19路で打ち出したクラスである。見学にきた二人はBの下で丁度いいかと思っていた。いざ打たせてみるとBクラスはとても無理で、Cクラスの子にもボロボロにされている。Cクラスの子は「地」よりも相手の石をひたすら取りに行く。大人だと取れそうもない石は追いかけないが、子供は逆で、アタリを打ち相手が気が付かなければ、ぼかっと取ってしまう。二人ともそんな洗礼を受けている。囲碁で15級くらいまでになるのは実は相当難しい、と改めて思った。

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»