プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 鑑賞 > 絵画展

絵画展   2017.09.04

芸術の秋を迎え、絵画や写真展の案内が届く。後輩O君の絵画展を観に行った。自分はおよそ絵は描けない。だから小学生のころは写生の時間が苦手であった。写生の時は絵の上手い友達のそばに座る。絵が上手い子は描くのも早い。二枚目を書いてもらって出していた。いまでも馬を書くと孫から「犬?キリン?」と言われてしまう。構図、描き方、色、線、全くわからないのだが、絵を観るときの基準を一つだけ挙げれば、展示されている絵の中で自分の一番気に入った作品を選ぶつもりで観ているということはある。後輩には絵の題名に工夫が足りないと言った。絵を観ただけでは感じ取る力のない者にも、題名をみれば描いた人の心推し量れる、と思ったからである。
P1204402.jpg

COMMENT

題名を見る・・・。そして絵を観る・・。先に絵を観て 題名を観る。どちらでも・・・いいですね・・・。なるほど観賞のの心得ですね・・・・。

2017.09.08 | URL | トミタ #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»