プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 寄席 > 国立演芸場

国立演芸場   2017.06.16

陶芸の仲間と寄席に行った。国立演芸場で落語を聞くのは初めてである。前座の講談に始まり、落語、曲芸、落語、音曲、落語、奇術、漫才、落語と盛り沢山である。これでシルバー料金が1300円とは安い。音曲は松乃屋扇鶴さん、今生きている人で生の三味線芸を聴いたことがある人はどれくらいいるだろうか。私はその昔、七條さんのお供で神田明神下の料亭で芸者衆の長唄、小唄、舞踊を毎夜のように観ていたので三味線の音には親しみを感じる。扇鶴さんの磨きこんだ芸は感じることができたが、この芸が舞台に掛かるのは少なくなるのでは、と気になった。売店で落語家の著書が多いのに驚いた。土産に立川志の春師匠の「あなたのプレゼンにまくらはあるか?」を買ってみた。
緞帳
緞帳

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»