プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 盲点

盲点   2017.05.22

数か月前まで月に二回真剣に囲碁を打つ場があった。その一つ、ほしの会が休会となり今はFT会一つである。今回から新しい会員が参加して11名でリーグ戦を打つ。持ち時間1時間15分秒読み付き、優勝賞金もあるので皆真剣に対局する。全員勝つ気満々で向かってくるが、一番その気が強いのは中務さんである。大学時代囲碁部で打っていたから本格的な碁を打つ。ところが彼は京葉熱帯魚店のオーナーなので対局中電話がかかってくる。案の定今日も2本電話が入ってきて、途端に碁が雑になってきた。難しい手を選ばなくなり、安易な手を打ってくる。今日の中務さんとの一局では、攻め合いで一手勝ちを読み切っていて「勝ち」、となった時一手寄り道をしたところ、彼に自分の読みの盲点を突かれる妙手を打たれ逆転された。いつも勝ちと決まった時が一番危ない、と自戒しているのだが、まだまだである。
aと出た手に妙手を打たれた局面
FT会
aの二路右に打たれ白攻め合い負け

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»