プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 鑑賞 > 新国立美術館

新国立美術館   2017.03.30

ミュシャ展の鑑賞券が届いたので日身さん、孫娘と新国立美術館に行った。併展されている草間彌生展のチケット売り場には長い行列ができており、展示会場入り口でも入場制限されている。春休みと言うこともあるだろうが、それにしても日本人にこれほど人気があったとは正直驚いた。2月に来た折には公開前で見損なっているので、真っ先に入場した。絵画シリーズ「わが永遠の魂」の空間に踏み入れた瞬間、はなから圧倒された。芸術家草間彌生さんの日々の戦いを見る思いである。90才近くになっても、「いまだ未熟でこれから人間の深い悩みと愛に対して畏敬の念をもって芸術家の道を歩み続ける」、と言う草間さんの人生の生き方、足跡を知って心打たれた。ミュシャ展ではすんなり入場できたものの、展示場の中は出口まで人垣が途絶えるところがなく、折角撮影が許可されているのに思うように撮れない。縦6メートル横8メートルの超大作「スラブ叙事詩」20点の作品群は近くから、また離れた位置から、とじっくり観た。作品群に描かれているスラブ民族の歴史については無知に等しいので、いま一つ味わいが深くならない。少しスラブ民族について調べてみたい。
IMG_0337.jpg


ミュシャ
« 定宿 | HOME | 49日 »

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»