プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 日韓囲碁交流4

日韓囲碁交流4   2017.03.20

帰国する朝ホテルのフロントに行くと「慶應の人ですか」と片言の日本語で話しかけられた。それに続きスマホで日本語翻訳アプリで質問してくる。応えようとしても韓国語アプリがないから意思が通じない。そうこうしているうちに昨日の懇親会に高麗大学から参加していた人とわかった。金さんという高麗大学出身の弁護士である。食事を一緒にしたい、韓国の習わしで客をもてなすのに慶應の 一団を食事に招待したい、と申し出ているのである。O君が2年前に来た折に使った美味しい蟹を食べさせる「プロカンジャンケジャン」に朝、昼食兼帯で予約してある、と伝えたら、金さんは地下鉄で案内役を買ってて出てくれた。日本の食べ方とは全く異なる生に近い調理方法の蟹に舌鼓を打っていたところ、幹事のO君が金さんがカードで支払ってくれている、と報告してきた。17名で10万円はゆうに超えていると思われる。囲碁の縁は生じたものの昨日会って知り合ったばかりで、この大判振る舞いには恐れ入った。高麗大学との交流が今度あった時までお借りする、とした。囲碁の縁もさることながら、どうも雰囲気から察してそもそも慶應義塾への思いを強く持っていることからくる好意と思われた。ご馳走様。
韓国囲碁

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»