プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 友人 > 棋友逝く

棋友逝く   2017.02.06

慶應義塾大学囲碁部同期のヌマクラ君が逝った。同期の会では毎月集ってリーグ戦を打っている。先月のリーグ戦に欠席したので会場から電話をしたら入院中で「話すのもつらい」、と言っていた。翌日奥さんに電話して経過を聞き、ご長女には状況をメールで知らせてもらっていた。かなり緊迫した状況と感じたので「安心するよう」に伝えてもらった。痛みと戦っていいる友人に安心しろと言っても言葉が足りないと思い、手紙を書いた。「女房、子供、孫に見送られるのは何よりである。心安らかに逝き給え」と書いた。手紙を出した後、もし生きる希望を持っていたらとんでもないことを書いたか、と気になっていた。その手紙が届いた翌日早朝に亡くなった、と知らせが来た。通夜の席で彼が愛用していた碁盤石で同期の仲間と追悼連碁を打つことにした。会場に行くと孫4人のうち二人が囲碁教室に通っていると聞き、仲間に入ってもらった。60手ほどの味の良い局面で囲碁を知らない孫二人にも入ってもらい、孫4人の連語で締めくくった。「崇岳院金碁居士」は亡くなる前に自身でつけた戒名だが「碁」の一字を入れた思いは繋がったことであろう。
IMG_4871.jpg

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»