プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 人との関わり > 家庭に囲碁を

家庭に囲碁を   2017.01.10

7年程前に知己を得た政治家から子供が4歳くらいになったらに囲碁を習わせたい、と言われていた。囲碁はルールは簡単だが、面白さが解るまでに壁があり、最初に囲碁を教える人が大切だから、私に任せるように話していた。年末にそろそろ入門講座は如何、と申し入れた。5歳の姉と4歳の弟の入門講座である。囲碁を嗜むという奥さんのお父さんから脚付き碁盤提供の話があるらしい。例によってマナーの説明で「勝ってもガッツポーズしない」のは何故か?という問に5歳のお嬢さんから「負けた相手に悪いから」と正解が出たり、4歳の息子さんとは9路盤で2局打てたり、と順調な滑り出しであった。間を開けて2回目にどれくらい面白がらせるかで「家庭で囲碁を」、のモデル一家が誕生することになる。
IMG_7938_20170114073931897.jpg

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»