プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > AI囲碁

AI囲碁   2016.12.31

今年は3月にAI囲碁「アルファ碁」と李世石さんとの対局に囲碁ファンのみならず世界中の人が関心を持った。世界の囲碁人口が4千万人と言われるなかGoogleでこの対局を見た人は3億人と言われている。囲碁がこれほど注目を集めたことはなかった。日本でも11月の「DEEPZEN」と趙治勲さんの対局が話題をよんだ。さて来年は、と思っていたら「DEEPZEN」を3タテで負かした「Godmoves」が現れた。「Godmoves」はその後姿を消している。ネット上のこの手の情報に詳しい土屋弘明さんに新しい情報を知らせてほしいと頼んでいたら朴廷桓九段に4勝1敗、柯潔九段に1勝1敗の「刑天」というソフトが現れ、そのほか「Master」というAI囲碁がネット上でトップ棋士に勝ちまくっていると知らせてくれた。アルファ碁以来世界のトップ棋士の囲碁に対する考え方が広がってきた。これまで囲碁の世界でこれほどの大変化を示したことはない。こんな大変化の時代に立ち合えてしあわせである。来年はAI囲碁がどれほど強くなるか、どんな姿をみせるのか、と想像するとワクワクしてくる。囲碁を覚えてこれほど興奮したことはない。
今年のラスト夕焼け
IMG_7871.jpg
« 賀正 | HOME | 表情 »

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»