プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 未分類 > 年賀状欠礼

年賀状欠礼   2016.11.30

留守にしている間に何通かの年賀状欠礼の葉書が届いていた。山下塾生の両親とは付き合いがあるが塾生の祖父母と親しく交流することは滅多にない。Y ご夫妻とは30年近くの付き合いである。ご主人のYさんは私が指導する公民館囲碁同好会の元会員であった。夫人のMさんは娘の出産の折、手術後で思うように動けなかった日身さんに代って孫の沐浴のために毎日来て下さったり、母乳の出が良くなるようにと根菜類の煮物を届けてもらったり、と、数えきれないご恩を頂いている。ご主人が米寿を前にして亡くなられた。日身さんとお悔みに伺った。宗旨は浄土真宗ということで正信偈を唱えさせてもらった。遺影を観ながらお経をあげていたらいろいろな思いが湧いてくる。そちらに気を取られたか、お経の文句が浮かんでこない。何十年も毎朝正信偈を唱えているのにどうしてか出てこない。やむなく浮かんだ言葉から続けた。日身さんから「今日のお経はいつもの4分の一くらい?、わざと短くしたの?」と言われた。Mさんの前で経文が浮かんでこなかったとは言えない。認知症の始まりか、と気になり帰りに運転しながら唱えてみたら一言一句間違えなかった。
IMG_4837.jpg

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»