プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 国際交流 > 西安囲碁

西安囲碁   2016.11.11

1988年から相互訪問して続けている西安市・船橋市囲碁交流大会に今年は船橋市側が西安市を訪問する番であったが、参加者が集まらず囲碁団を作れなかった。西安囲碁協会の会長に事情を話し謝っておいた。今月12日に開催される日中囲碁大会に西安囲碁協会から二人参加するが一日前に船橋に来るので会いたい、と連絡があった。秘書長の李さんと華さんである。どちらも旧知の仲である。李さんは昨年子供教室を始めていると聞いていた。その様子を聞いてみたら生徒はなんと1300人、指導者は60人居ると言う。1、静かに座れる。2、智力開発。3、伝統文化が身につく、というのが子供教室のうたい文句だという。中国では4歳から9歳までに習い事をするのが普通である。書道、絵画、数学オリンピック、英語、ピアノ、囲碁が人気で囲碁は3、4番目だそうだ。1レッスン80元、日本円で1300円程だが生活実感としては3000円近いか、と思われる。中国では幼稚園で囲碁を教科に取り入れていることが多いそうで生徒募集の決め手は幼稚園の前で磁石盤で園児に囲碁を打たせ、面白かったら教室においで、と勧誘するのだそうだ。どんなデモなのか一度見てみたい。西安市と船橋市の囲碁交流に子供交流を加えたいと希望を受けた。子供達に西安の兵馬俑を見せたら世界観によき影響を与えるだろうと思った。
船橋市西安市

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»