プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > ほしの会とFT会

ほしの会とFT会   2016.09.27

昨日はほしの会、今日はFT会と二日続けて囲碁仲間の碁会である。ほしの会は慶應義塾大学囲碁部の同期の仲間で卒業以来続けている。FT会は船橋で囲碁を教えている仲間で、内容はほしの会と同じ方式でこちらも毎月1回開催している。半期ごとに集めた会費で成績により賞品を出す。優勝するとハンデが半目上がる形式である。たまたまであるが、両会とも一番強いメンバーは3子で下は6子のハンデである。どちらの会も何となくリーダー役になっているので打ちながら周りの棋友の打ちぶりを観察している。終局してからこんな手もある、と言い、少しでも「ヘエー、囲碁は奥が深いね」と感じてもらいたいからである。もう一つ大事な役割があると思っている。長年の囲碁仲間なので、それぞれの棋力は頭に入っていて、棋力よりどんなところは正確に読み、どんなところは読みが抜けるかも掴んでいる。もしある棋友が今までにない読み抜けがあった時、脳の中に何らかの変化が生じた、と察することができる。もし、おやっと感じたら感じたままをすぐに伝えたいと思っている。
今朝の濃霧
IMG_7857.jpg

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»