プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > アルファ碁

アルファ碁   2016.09.20

棋友土屋さんはパソコンとインターネットの師匠である。AI研究の第一人者の甘利俊一さんと武宮正樹さんの対談のことを土屋さんから聞いた。その雑談でアルファ碁同士の対局3局とアルファ碁とイ・セドルさんの対局の解説がウエブ上でリリースされていると聞き、早速観てみた。先ずはイ・セドルさんとの対局の前にアルファ碁同士の対局である。一手5秒の早碁も面白いが吃驚したのは第5局の「石塔絞り」を当時はアルファ碁が読めていない、との評であったが、下辺の変化の時にイ・セドルさんの応手次第では有効な読みであった、と解説されている。チェスの世界でIBMの開発したAIディープブルーの開発者の一人であるマレー・キャンベル氏の述べた「コンピューターと対局することでチェスプレイヤーが成長した」との発言と同じことが囲碁の世界でも言われるのは間違いないと思われる。
AlphaGo.jpg


COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»