プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 敬老囲碁大会

敬老囲碁大会   2016.09.16

若松幼稚園第12回敬老囲碁大会が開催された。敬老の日の行事として幼稚園児が老人施設を慰安訪問するのが定番だが、尾木理事長が地域の元気な老人と園児とで囲碁大会を、と発想したのが12年前である。100名の園児と市内囲碁サークルから18名、若松幼稚園保護者囲碁会から7名の囲碁大会には在園児の父母8割くらいが参観し盛会であった。小中氏発案のポンゴ{ビンゴの囲碁版)のあと9路盤による模範試合では3クラスの代表園児と講師、母親との対局をしたあとは老人を交えた囲碁大会である。これまでは石取りゲームであったが今年の園児は理解が進んでいるので本式ルールでの対局である。締めは論語を全員で大きな声で素読した。「子曰く、父母の歳は知らざるべからず」。
IMG_7846.jpg

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»