プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 雨が降っても

雨が降っても   2016.08.23

船橋囲碁指導者の会、FT会が台風が千葉県に上陸する日とかち合った。来られる人だけ集まろうと連絡をした。約半数の6名が津田沼囲碁クラブに集まった。160席のこの碁会所も台風接近で30名ほどしかいない。「雨が降ろうがやりが降ろうがこんな日に碁を打つようでなければ強くなれない」と言いながらの対局である。FT会の流れで「美人杯」に出場するスクエア囲碁の会のメンバー二人に特訓をすることに決めて大雨のなか囲碁クラブに来てもらった。大会向けに向う先で何局か指導した。二人とも守りが中心で攻めることが浮かばない。こんな時には絶好な攻める局面を作るのである。攻めるに絶好な局面で守りの手を打った時「さあ攻めて」と考えさせるのだ。これで二人の碁が守りから攻める碁に変わればびしょ濡れになって来た甲斐があると言える。
IMG_0041.jpg

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»