プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 暮らし > 認知症検査

認知症検査   2016.08.08

指先を動かす訓練をした。両手の指を微妙に動かすように頭で思い、その通りに指先を動かすのである。各指を100回くらい動かすので1時間はかかる。やってみて頭脳から指令を出して指を正確に動かすのはかなり難しい、と分かった。一番微妙な動きが親指は難しい。同じ動作をするのに他の指の倍の時間がかかる。75歳以上になると運転免許更新の時に簡単な認知症検査がある。二度経験してあの程度の検査で引っかかるのは相当認知症が進んでいるはずである。この指の訓練はかなり認知症検査に役立つと思われる。年に一回訓練を行うことで自分の運転技術の衰えの確認ができると思った。
IMG_20160609_165601.jpg

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»