プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 未分類 > 悔し涙

悔し涙   2016.06.30

S学院小囲碁アフタースクールでは最初に指導用碁盤でザッとその日に出す問題の解説をしてから12問解かせることにしている。ふと見ると2年生のA君が泣いている。他の子に意地悪でもされたのかと思っていた。持って来た答を見たら1問もできていない。分からないのが悔しくて泣いていたらしい。おそらく初めの説明を聞いていなかったのであろう。答えを書いてくる生徒には「全問正解」と書いたり、不正解には正解を示して渡している。全く分からないままにできないのでA君には問題図を碁盤に並べて1問づつ答えさせた。最後の1問が何回やってもできない。こんな時は答えを示さない。できるまで何回もやらせる。何度も同じミスをした後でやっと正解に達した。答案用紙には「全問正解、よく考えました」と書いて渡した。
IMG_0100.jpg

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»