プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 東邦大学囲碁授業

東邦大学囲碁授業   2016.06.28

東邦大学の塚田真教授から本年度第二回目の囲碁授業に吉原由香里プロが来るから、と見学に誘われた。理学部情報科学科数理知能科学コースでは2007年から囲碁が必修科目になっている。2007年のニュースリリースの文中に「人工知能の側面から情報科学が取り組んでいる様々な問題を解く手がかりを与えてくれるもの、と考えております]とある。AI囲碁アルファ碁の出現を予測しているようで先見の明あり、と言える。講師は岡田伸一郎八段が年6回の講座を受け持っているが今日は吉原さんが主に講義をしている。学生に塚田教授から千葉県少年少女囲碁連盟の3名が紹介され学生の対局にサポートすることになった。90分の二コマで最初の1コマは学生一人一人パソコンを使っての解説と対局である。あとの一コマは13路盤を使っての対局である。勝つと+1、負けると-1で学生の級が決まる。一人の学生と3局打ったが理解が早い、次回の4回目から19路盤での対局になるという。流石、理学部の大学生である。吉原さんの囲碁用語を使わない解説には、使わせてもらいたい言葉が多くあった。
IMG_0084.jpg

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»