プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 慶應義塾高等学校

慶應義塾高等学校   2016.06.03

慶應高校の棋道部の囲碁指導は2年ほど間が空いていた。生徒が2200人いるから囲碁を打つ生徒はかなりいるはずである。今年四段の木村君が普通部から進学し、今月神奈川県大会に出場するので指導に行った。神奈川県では全国中学生名人になった高嶋君が実力では抜けている。指導碁と高嶋君との対局の感想を伝えた。県大会で優勝するように励ましてきたがもう一つ宿題を与えておいた。宿題とは・・・自分が塾校に入って何人かに囲碁を教え3年生の時に正式な部ではなかったが囲碁部を作り定期的に活動していた。同期の山内君が保存していた当時の名簿によると、1年生10人、2年生7人、3年生15人合計32人の部員がいた。有段者が4人(今より段が辛い)いて当時高校選手権大会があれば断然優勝していたであろう。部員名簿を木村君に渡し、3年間で囲碁部を再興してほしい、と頼んだわけである。
見事な銀杏並木
IMG_0025.jpg

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»