プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 読書 > 千夜千冊

千夜千冊   2016.05.15

朝早く目覚めパソコンに向かっていた。今夜はNHKスペシャルで「羽生善治×人工知能」があるのでネットで関連を見ていたら、松岡正剛の千夜千冊にたどり着いた。松岡正剛氏とは特別な付き合いはないが従妹の伴侶である。このページは松岡氏が毎日一冊取り上げ解説しているものである。パッと目に入ったのはジェイムス・パラット著「人口知能」を取り上げているページである。副題は人類最悪にして最後の発明、とある。まずはアルファ碁を取り上げた解説から始まっている。知識不足で理解不能なところが多々あったが一気に読んだ。次の夜に取り上げているのは松尾豊著「人工知能は人間を超えるか」である。こちらも分からない部分はあったが、ここ1年のAIは予測できない変化をするだろうことは理解した。面白い時代を生きている、と感じる。
IMG_0067.jpg

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»