プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 幼稚園

幼稚園   2016.04.19

若松幼稚園の3回目。今回から地の多いほうが勝ちのルールで教えることにした。まだアタリがしっかりわからない園児がいるので早いかと思ったが、6路盤での指導でやってみると地の概念は分かりやすいようだ。これなら次々回くらいには9路盤での対局に進めるようである。珍しく午後に船橋幼稚園の指導が入っている。こちらは第一回であるが、帰りの時間の関係で15分の授業である。マナー、ルールを説明しているとあっという間で、園児たちの対局時間切れとなってしまった。それでも三つのクラスの雰囲気はつかめた。幼稚園での指導で一番大切なのはクラスの雰囲気をつかむことである。クラスのどの子に囲碁って面白い、と感じてもらうのかが大切である。これは15分でも掴むことができる。
IMG_5676.jpg

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»