プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 傘壽2

傘壽2   2016.03.20

囲碁対局終了後、傘壽祝い会は歩いて数分のところに在るレストランに移動した。ここで開かれる懇親会には現塾生の保護者と往年の父母が参加合流してくれたので総員65名である。私と家人に見事な花束と山下塾の思い出、私へのメッセージ、近況、抱負が書かれた全員のカードのファイルがプレゼントされた。思ってもみなかった私への思いが一人ひとり綴られていて、これは一生の宝物である。山下塾からプロ棋士になった大西研也君、牛栄子君の自戦解説を聞いてあっという間に二時間が経った。二次会は20歳以上のOBと一部の父兄で居酒屋へ向かった。やむなく帰ったOBを除き総勢19名である。山下塾の思い出、自分の棋力のピークの話、アルファ碁についての話等など、囲碁だけの話題で3時間が過ぎてしまった。締め間際になって、ジャンボ大会に山下塾で出場しようと決まった。これまで腕におぼえのある山下塾OB・OGは色々なチームに所属してジャンボ大会に出場している。山下塾として出場するからには選手を早く予約しておかなければ、とN君が幹事を引き受けた。塾長は15番目の選手ということで、と言ったら、作戦として8番目から強い順にチームを組むことがあると言う。すると塾長は捨て石でトップで打つことになるのであろうか。いずれにしても楽しい夢である。ことばには言い尽せない至福の一日であった。
傘壽2

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»