プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > アイウイル

アイウイル   2016.03.15

アイ・ウイル経営者養成講座で「囲碁と経営」の講師を務めて8年になる。今年は全国から何と34名の参加である。年6回の合宿と毎日2時間の勉強をこなさないと卒業できない厳しい研修である。10数人の受講者の時もあったが、このところ毎年増えている。主宰の染谷氏は景気が良くなっているので、と謙遜するが、アイウイルの研修が認知されてきた証しであろう。「囲碁と経営」と題した話をした後、入門講座をする。一年半後には5級を目標としているが、その指導は社内の講師が務める。囲碁を趣味とすると経営にも役立つとの趣旨の話しをした後、囲碁入門講座となる。囲碁のルールは簡単である。だがこれまでの経験で、最初に囲碁に接したときにどんな説明を受けたかで一生の趣味となるかどうかが決ってしまう、と思っている。入門で囲碁は面白そうだ、簡単に打てる、と思わせるには、それなりの接し方がある。今回の受講者34人の中で数月前から本を読んでいる人が一人いるだけで、残り33人は初めて囲碁にふれるということである。そこで今回は6路盤から始めた。9路盤にはすぐに進んでもらい、何組かは13路盤まで進んだ。経営者を目指すくらいの人物の集り、ということはあるが、今回の講座で6路盤から打たせる山下流囲碁入門方法が固まった。
アイウイル

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016.03.18 | | # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»