プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 雑誌書籍 > 交詢雑誌

交詢雑誌   2016.02.07

交詢社の会員には毎月「交詢雑誌」が送られてくる。内容は月間報告と常例午餐会講演録と巻頭随想である。毎週金曜日の常例午餐会の講師は各界の一流人なのでできる限り聴きに行きたいと思うが、思うに任せないことが多い。後日講演録が交詢雑誌に記載されるので聴きに行けなくとも内容はわかるのだが。毎月定期購読している雑誌類のなかでも中身が濃い、と思っている。巻頭随想に寄稿するよう事務局から依頼が来た。格調高い雑誌に荷が重いと思ったが、これまでの随想を読むと自分の趣味のことが書かれているのが殆んどである。囲碁について書くなら任を果たせると思い引き受けた。文章を書くときは先ず出だしの一行が浮かべば下手なりに纏まるものだ。頭に浮かんだのは「宇宙人と地球人が共通にプレーできるゲームは囲碁」である、という一行だ。これは以前新聞記事にあった谷岡一郎さんの話である。2000~3000字でまとめるのだが書き出したら3000字を越えそうである。
銀座

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»