プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 旅行 > 東京ディズニーリゾート

東京ディズニーリゾート   2016.01.18

東京ディズニーリゾートには車を使うと20分ほどで着く。これまでランドには開園当初の夜に一度だけ、シーの方には行っていない。昨年末だったか、Cちゃんと行ったら楽しいね、と口を滑らしたのを娘が覚えていて、祝傘寿~Cと行くディズニーシ~を企画してくれた。朝からテレビは番組を変更して大雪のニュースばかりを報道している。開園時刻に合わせて出発する予定だったが、様子を見て昼頃到着、それでも突風で傘の骨が折れるほどの風雨であった。案内は中学3年生の孫娘のC。私の好きなアトラクションをよく察知していて、ファストパスを上手く使いながら次々と案内していく。その間「大丈夫?」と母親が幼子を気遣うように何度も声を掛けるのが微笑ましい。そうこうしているうちホテルのチェックイン時刻に合わせて娘が船橋に家人を迎えに行って戻って来た。丁度運のよいことに空にサーと陽が差はじめた。Cちゃんは一休みして今度は家人をガイド。足が丈夫でない家人には船を使ったらしい。Cの歩数記録は1万7千歩余、私と9千歩いたとして、普段長時間はプールしか歩かない家人がCと7、8千歩も歩いたことになる。アトラクションは体験してみないと面白さが分からない。分からないことが分かるのは生きる喜びである。家人とCちゃんが楽しんでいる間に、地元でどうしても欠かせぬ行事に出席するため娘に往復してもらってミラコスタに戻ったのは21時近くになってしまった。ナイトパレードも体験してみたいので今度は娘、孫娘を招待してみよう。
デズニーシー

COMMENT

楽しい一日でしたね・・。

2016.02.07 | URL | 冨田 #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»