プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 新春碁会

新春碁会   2016.01.05

船橋市の公民館の使用時間は一コマ3時間で一つのサークルは2コマまで使える。囲碁サークルでは3時間では短いので殆ど2コマ使っている。今日は中央公民館の碁楽教室の新春碁会である。新春初めての対局には新年早々勝ち負けをはっきりつけると負けたほうが気にすることがあるので、打掛にすることが多い。娘、孫との初対局もいつもそうしている。碁楽教室では新年から4人を1グループにして8グループによるリーグ戦にして1位から4位を決めることになったので、新年早々激しく勝敗を争うことになった。指導者もこの日ばかりはグループに入り対局する。いつもは点数制で対局しているが指導者には点数がない。そこで勝てる、と自信のあるハンデを下手が決めて打つことにした。普段より重いハンデなので指導者も真剣に打つことになる。終わった後は懇親会である。挨拶は「病院通いの人は病がサル、碁敵には勝る(まサル)干支の申の時刻(午後3時~5時)に囲碁を打つのはいかにもご楽教室らしい」と話した。碁楽教室は毎年新しい会員が増え今年も賑やかな囲碁サークルとなるであろう。
碁楽

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»