プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 医療 > 修行

修行   2015.12.23

山下塾生OBのM君が医師になって6年経つ。M君の父親も医師で内視鏡の専門医である。これまで胃、大腸の内視鏡は折にふれて検査してもらってきた。M君は父親の影響かどうかわからないが同じ病院の内視鏡の医師になった。父親のA医師から「息子のほうが上手いかもしれない」と、前回の検査はM君になっていて、検査台の患者が医師から「先生」と呼びかけられる妙な経験をした。そのM君が異動になり、慶應義塾大学病院の内視鏡診断・治療の第一人者ともいわれる矢作直久教授のもとで修行することになった、と知らされた。何年間修行するのかわからないが一段と腕を磨くのであろう。腕を磨く以上に人の縁の広がりで医師として大いなる成長をすると期待している。日の出の富士

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»