プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 機中対局

機中対局   2015.12.21

INGO(ingo-web)で頻度多く打ってくるkyuuryuu君が、いつもよりちょっと空いていると思ったら家族で沖縄に旅行中とあった。羽田から沖縄までの機中で父子囲碁対局を携帯用磁石碁盤で打った、と母親から知らせてきた。囲碁仲間で海外に行くときは空港での待ち時間に磁石碁盤で打つことがよくある。ただ機中で打つと乗り物酔いになることがあるので、機中では碁罫紙を使って対局するのがおすすめである。碁罫紙に一手、○を書いて相手に渡す。手が返ってくるまで眼を休めることができる。気の合った相手なら2局打つのに5時間くらいの飛行時間はあっという間に過ぎてしまう。kyuuryuu君に帰りの便では碁罫紙対局を勧めた。それにしても幼稚園で囲碁に出会った家庭が機中対局を楽しむとは嬉しいことである。
ヘリ

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»