プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 昊昊会

昊昊会   2015.12.19

久々の昊昊会が帝国ホテル地下の東京三田クラブで開かれた。ふた昔程前になるが慶大囲碁部一年先輩の安井さんから名古屋の若手棋士を紹介された。その棋士が中野寛也九段である。飾らない人柄、アマ相手にも誠実に深く棋理を解説してもらえるので貴重な会である。幹事の氣賀さんの記録によれば、丁度20年経っている。この日私が選んだのは、今世界のトップと称されている柯潔さんの「こんな手まで読むのか」と驚いた一局である。その一局に加えて中野さんの実戦譜を解説してもらった。中野さんの実戦は最近売り出し中の若手棋士伊田さんとの一局である。プロ棋士は一手一手に精魂を尽くしているが、中でも自分しか打てない自慢の手が何手かある。今日中野さんが並べていて、「この手すごい手ですね」と、感銘して指摘した手が、中野さんの苦心した一手であった。まだ囲碁の感度は落ちていない、と思った。
柯潔 (2)

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»