プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 暮らし > 文化芸術振興基本方針

文化芸術振興基本方針   2015.11.24

船橋市役所から船橋市文化振興基本方針策定に係る懇談会の開催についての案内が来た。文化芸術の中の国民娯楽に囲碁が入っているので、ふなばし囲碁協会として出席した。この手の懇談会には初めての出席である。テーマは「子供・青年に対する取り組み」とある。市内の幼稚園、小、中学校で400人以上の子供に囲碁指導しているので何かしら話せる、と軽い気持ちで参加した。案内の文言が長く硬い文章なので書類には大して目を通さずに参加した。ワークショップとやらで8人づつのグループに分かれての話し合いだが殆どの参加者は何を話したものやら分からないようで、自分の囲碁普及活動についての話が多くなった。国の基本方針は平成13年に策定されているので船橋市はいくらか遅れているのかもしれない。囲碁に関しては毎月開催される小中学校校長会の席で学校教育における囲碁について説明させてほしいこと、子供囲碁入門講座の開催は、主催・後援が青少年会館や公民館等の公的施設であるほうが子供を集めやすいこと、の二点だけ述べておいた。あと一回ワークショップが開かれ策定委員会に報告するということである。IMG_20151014_160635_20151126220742719.jpg

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»