プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 永楽倶楽部

永楽倶楽部   2015.11.21

交詢社囲碁同好会と永楽倶楽部囲碁の会とは年に二回対抗戦を催している。このところ交詢社の成績が振るわないので幹事から出るように言われている。永楽倶楽部は七段を上限としている。交詢社は九段が上限である。ハンデ戦であるからいつも2子の手合いで3局打つことになる。今回も接戦で、僅かに交詢社が勝利した。2局目を打っているとき、副将の対局を見ていて布石の23手目で自分ならどう打つのか気になった。自分の碁に集中すべきだが、いつまでも頭から離れない。布石の段階ではどう打っても一局であり、自分の碁ではなく隣の碁なのだが、どう打つべきか考えている。懇親会になっても悩んでいる。やはり囲碁は面白い。
fsa237a.jpg

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»