プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 未分類 > 万葉集

万葉集   2015.11.16

家人の知人が船橋市展に書を出展していると聞いて二人で観に行った。絵画、工芸、書の部であるが、当然ながら先月に観た千葉県展とはスケールが違った。知人の書は万葉集の恋歌三首のかなの作品である。二人ともかなの書の素養がないので、すべての文字が読めるわけではない。家人に読めませんでした、と言わせるのも本意ではない。読めるところだけメモして家に帰って調べ、すべての歌がわかった。序でに恋歌の何首か目で追っていたら、「和が背子は物な思ひそ事しあらば火にも水にもわれ無けなくも」安倍女郎の歌が飛び込んできた。男なら愛しき人のためなら火にも水にも飛び込める、と思うが、7世紀から8世紀の女性がこんな歌を詠むとは驚きである。昔から日本の女性は強かったのか、と思わず家人の顔を見つめてしまった。
万葉集

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»