プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 家庭で囲碁を

家庭で囲碁を   2015.10.29

TIY問題集はA4に12問印刷し、解答も載せている。問題集の取り組み方は解答をすぐに見てもかまわない。、要は繰り返し問題を見てすぐに答えが浮かぶように記憶すればよし、としている。こどもたちはクイズ的なとらえ方をして、次々と問題を覚えるのに面白さを感じているようだ。大人はどうかと若松幼稚園母親の会に前回から出題してみた。母親の会員は、こどもと囲碁を打ちたいという気持ちがあって会に入っている人が殆どである。この地域は若松幼稚園を卒業して「いごっちこども囲碁教室」に入っているこどもが多い。TIY問題集は答えが一手しか書かれていない。母親の中には一手だけでは答えの意味が分からない人もいて、「いごっち」に入っているこどもに教えてもらっている。母親囲碁の会に山下塾塾生の母親が二人いる。その母親はこどもが覚えている問題の後追いをしている。いずれにせよTIY問題に取り組むときには家庭で囲碁が語られているわけだ。これぞ「家庭に囲碁を!」、を標榜している「NPO法人囲碁文化継承の会」の本懐。
家庭
« 距離感 | HOME | FT会 »

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»