プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 鑑賞 > 千葉県美術会展

千葉県美術会展   2015.10.15

第65回千葉県美術会県展に彫金作家松岡美穂子氏の作品が出品されている、というので千葉県立美術館に行った。千葉県に住んでいながら県美術館を訪れたのは初めてである。前期、後期に分かれていて、後期は工芸と絵画である。超大作から細密なものまでおびただしい数の作品が展示されている。そのうち工芸部門の作品には吸い込まれそうなものが沢山あった。千葉県美術会理事の作品は特別なガラスケースに飾られている。今日の目的の松岡美穂子氏の彫金作品もそのケースに展示されていてその存在感に圧倒される。この春ご自宅に伺った折に拝見したもので、オニ蓮の葉の上で擬人化された蛙が二輪車に乗ってトランペットを吹いている構図である。鹿のバックスキンの額装が見事に作品の品格を上げている。今回は展示されていないが、同じモチーフのオニ蓮の葉の上でチェロを弾く蛙、ピアノを弾いている蛙等々の作品群がある。この連作が松岡美穂子氏の代表作になるのかもしれない。それにしても凄い芸術家にご縁をいただいたものである。千葉県美術会の理事とは県展に出品された作品の審査員も務めるのであろうか。その立場がどのくらい高いものであるのか、想像もつかない。ここで作品の写真撮影が許されているのはありがたい。陶芸で挑戦したい作品が何点か見つかった。
IMG_20151014_160906[1]

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»