プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 食事 > 家庭料理

家庭料理   2015.09.28

その家の家庭料理の味が代々伝わっていくものなのかどうか。大正生まれの家人の母親は天ぷら料理はプロ並であった。誰から教えられたのでもなく自分で体得した技である。一つ言えることは、義母は天ぷらが大好きであったことだ。その娘の家人もよく天ぷらを揚げるが、母親の技を引き継いだ、というほどではない。だがこの人の造る烏賊の塩辛は絶品である。塩分をぎりぎりに抑えそれでいて生臭くなくふっくらした甘みすら感じさせる技はほかでは味わえない。さて娘が魚料理が得意かというとそうでもない。ただし娘は食材の吟味はおろそかにしない。価格が高くても新鮮なもの、安全なものに拘っているようだ。このあたりの価値観は不思議なくらい義母に似ている。吟味した食材で造るこのひとの料理はその辺のレストランとは一味も二味も違う。しかもこの料理は孫のヴァイオリン生演奏付きだからたまらない。今日も家人が夕飯の支度をし出したところに孫のCちゃんから、ご飯もうすぐできるから食べに来て、と言ってきた。夏休み前から抱えていたベートーベンのヴァイオリン協奏曲が丁度仕上がったところで、その第3楽章を聴かせてもらった。いい音楽を聴いて美味しいものを食べるのは重要、と、ある著名人が語っている。まったく同感だ。ところで持参した無音ヴァイオリンのCちゃんによるレッスンは、いまだきらきら星変奏曲で第2、第3変奏にかかったところである。
スーパームーン
スーパームーン

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»