プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 山下塾生

山下塾生   2015.09.05

よく医師が患者を治すのではなく患者自身の治す力に手助けしているだけ、ときくが、囲碁を教えるのも同じと思っている。先週山下塾生の塾生と保護者の会で塾生諸君の棋力を強くしたい、と話した。それには毎日の生活の中でどれくらい囲碁に時間を取れるか教えてほしい、と言って、詰碁の本を持たせて試してもらったところ、嬉しいことに皆報告してきた。一週間の時間割まで作って棋譜並べと詰碁が何問できるか表にしたり、対局ソフト、INGO(ingo-web)、家庭での対局と具体的に書いてきた塾生もいる。口頭での報告で最低でも毎日40分は囲碁に取り組む、と言っている塾生もいる。大人でも子供でも囲碁は続けていれば三段くらいには誰でもなれる、その上の五・六段は、囲碁の勉強をすればだれでもなれる、と思っているし、伝えてもいる。。塾生の取り組む時間が分かったので、棋力に合わせて学ぶ宿題を出すのが塾長の仕事である。今通っている塾生は幼稚園、小学生が多いから、これなら全員小学生の間に五段にはなれるであろう。
塾生

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»