プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 囲碁からの感動

囲碁からの感動   2015.09.03

囲碁を始めて趣味として一生続けられるかは囲碁から感動を受けるかどうかに関わっているようだ。若松幼稚園母親囲碁の会で昨年から始めたAさんとの対局でその面白さを伝える局面になった、と感じた。Aさんは昨年二番目の女の子を産んだので、当初座布団に寝かして対局していたが、今ではそばで遊ばせながらの対局である。丁度自分の一番下の孫の成長と重なるので、その子のしぐさを楽しみながら打っている。この会では多面打ちをして局後の解説をするが、対局途中で「考えてください」と次の手を考えてもらうことが多い。囲碁では3手先に決定打となるように考えると良いときがある。Aさんにとって初めての場面と思い、次の手を考えてもらった。中々正解に達しない。5番目に打った手◎が正解となった。多分今日は「囲碁っておもしろい」と感じてもらえただろう。
宿題検討

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»