プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 塾生の取り組み

塾生の取り組み   2015.08.30

山下塾生は他の教室に行ってもかまわないし、また戻ってきてもよいとしている。今の塾生のなかでも並行して他の教室に通っている塾生は何人もいる。来るからには遅刻しないこと、挨拶をすること、私語しないこと、休む時は連絡をすることは基本の約束事である。塾生同士の対局、と塾長の指導碁が主な勉強である。宿題は棋譜を一局暗記することだけで、覚えてこなくてもペナルテイはない。ところで8月の小学生全国大会で上位入賞をすると期待していたレン君が枠ぬけ出来なかった。本人が一番悔しかったであろうが、その思いは塾長も共有している。そんなこともあって塾生の棋力を上げたい思いが募った。塾生の保護者に集まってもらいその気持ちを伝え、日常、塾生が囲碁にどれくらい時間を取れるか一人ひとり聴くこととした。塾生が囲碁に向かえる時間はまちまちであろう。まちまちの時間に合わせた囲碁の勉強を組み立てることとした。1年後きっと成果が上がっているであろう。
K君のお弁当、問題ができたら食べていいらしい。
ケンタ

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»