プロフィール

山下功

Author:山下功
International Network Go Organization President
NPO法人囲碁文化継承の会 理事長
オール慶應囲碁の会 会長
ふなばし囲碁協会 会長
山下塾 塾長
浄土真宗僧侶

毎年千葉県、東京都の幼稚園児・小学生400人超に、仲間たちとともに囲碁入門を指導しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
TOP > 囲碁 > 囲碁書籍

囲碁書籍   2015.08.24

久々詰碁の勉強をしようと思って家にある詰碁の本を選び出してみた。囲碁の書籍は書棚の半分以上を占めている。そのなかで多いのは打ち碁集である。昭和50年代前半は日本棋院出版部が豪華本を売り出していた。その時期に出版された全集は殆ど購入している。棚卸ではないが、リストを作ってみたら定価は100万円を超えていて、今思うとよくも買ったものだと思う。その頃は閑になったら棋譜ならべを楽しめる、と思って買い求めていたのである。今は囲碁の打ち碁のデータはいくらでもとれる時代になった。そう考えたら打ち碁全集なるものは書棚に在っても価値は少なくなっている。趣味で揃えているのでなければ無用の長物ともいえる。どこかの図書館に寄贈することを考えていたが、遺産として残っている蔵書を寄贈したい遺族が多いらしいく、残す価値のある書籍でないと引き受けてはもらえない、と聞いた。ヤフオクで売ればと言われるが、値上がりを期待してそろえていたのではないので、それも切ない。さてはて如何したものか思い悩んでいる。
全集

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«前のページ  | HOME |  次のページ»